肥満を防ぐ食事|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 肥満は尿酸の排泄を抑え、尿酸値を上昇させる 】

尿酸値の高い人は、肥満を解消することが大切です。肥満はあらゆる生活習慣病の温床といわれていますが、尿酸値に関しても例外ではなく、肥満の人の尿酸値は標準体重の人より高い傾向があります。
肥満していると尿酸の排泄が抑制されるほか、肥満の原因になっている過食や運動不足、アルコールの飲みすぎなどの要因が複雑に絡み合って尿酸値を上昇させてしまいます。
肥満のメカニズムは、きわめて単純です。食事でとったエネルギーが運動などで消費されるエネルギーより多いと、脂肪として皮下や内臓まわりに蓄えられます。その積み重なったものが肥満です。ということは、食事の改善で肥満を予防・解消するには、口から入ってくるエネルギー量を減らせばいいわけです。


【 摂取エネルギーの適量を知っても、カロリー計算が難しく、長続きしない 】

1日のエネルギー摂取量はどのくらいが適切なのでしょうか。これには様々な条件があり、明確に規定することはできませんが、一般的に標準体重1kg当たり25~30キロカロリーが目安とされています。標準体重60kgの人なら、1500~1800キロカロリーということになります。
これから食べる食事メニューのエネルギー量を的確に判断できる知識が必要になります。


【 もっとも簡単で効果的な食事は「和食中心の腹八分」 】

もっとも簡単なエネルギーダウンの方法は、腹八分目を実践することです。物を食べないで肥満する人はいません。まずは口から入れる食べ物の絶対量を減らすことです。
2つ目は、和食中心の食事に切り替えることです。食生活の欧米化に伴い、どうしても脂肪分の多いメニューをとる機会が多くなりがちです。外食に頼る人はとくに注意が必要で、和食や中華はなるべく控え、できるかぎり刺身や焼き魚をだす和定食の店にかようようにしましょう。どうしても洋食という人は、少なめにもりつけてもらうのもひとつの方法です。
「和食中心のメニューを腹八分目にする」このれを実践するだけでも、エネルギー摂取量を確実に減らすことができ、肥満解消に役立ちます。