高尿酸血症とは|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 血液中の尿酸の正常値は「7mg/dl以下」 】

高尿酸血症は、この尿酸の産生と排泄のバランスが崩れて、血液中の尿酸の濃度が正常値を超えて高くなる状態です。
血液中の尿酸の正常値は「7mg/dl以下」です。7mg/dlを少しでも超えた数値が続くとき、はじめて高尿酸血症と診断されます。
「7mg/dl以下」という数字は、血液中に溶ける尿酸の量から算出しています。血液中にとけ得る尿酸は一般に、約6.4mg/dlです。ほかにたんぱく質とくっついた形で血液中に存在する尿酸が0.5mg/dlほどあります。これを合計すると、理論上は焼く7.0mg/dlが血液中に解ける尿酸の最大量と考えることができます。このことから、「7mg/dl以下」を正常としているのです。


【 高尿酸血症には自覚症状がない 】

高尿酸血症には自覚症状がありません。そのため人間ドックや健康診断などの血液生化学検査で尿酸値を測定し、「尿酸値が高い」と指摘されるまで気づかない人が大多数だと考えられます。

※血液生化学検査・・・腕の動脈などから採血した血液を分析して、γ-GTPや総たんぱく、コレステロール値など、血液中の主な成分の量を調べる検査。