痛風の発作メカニズム|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【尿酸結晶】

 痛風発作の原因は、関節にたまった尿酸結晶ですが、この尿酸結晶は激しい痛みの直接の原因ではありません。
 私たちの体には、体の中に侵入した異物を除去する免疫機能が備わっています。
 風邪を引いたときにはウィルスをおさえたり、アレルギー反応でアレルゲンを排除しようとするのも免疫機能です。
 免疫反応で活躍するのは、血液中の白血球です。白血球は、体内の異物を察知するとそれを排除するために、異物を取り込み始めます。細胞の中の消化酵素を使って異物を溶かします。
 しかし、尿酸はそれ以上分解できない最終代謝産物なので、白血球の消化酵素をもってしても尿酸結晶を分解することはできません。それどころか、尿酸結晶を攻撃している間に、白血球自体が壊れてしますのです。
 さらに、免疫反応の過程で白血球が出した酵素などの物質が刺激になって患部の血流が激しくなります。これによってひどい痛みや腫れといった症状がでるのです。



【白血球が尿酸を溶けにくくする】

 尿酸結晶と激しく争った後白血球は、自滅した後にも大きな影響を与えます。尿酸結晶を攻撃しながら沢山のエネルギーを使うため、血液中の尿酸が増加します。増えすぎた尿酸の一部は血液に溶けきれずに、尿酸結晶にくっつきます。するとさらに結晶が大きくなります。血液中の白血球は、この結晶に対して、また攻撃をします。その結果、痛みや腫れといった症状が起こる結果となります。