尿酸値下げる水分の取り方|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 尿の量が増えると、尿酸の排泄が促進される 】

尿酸値の高い人は、食事も含めて日常的に水分を十分にとることが大切です。
体内の水分量が不足すると、それだけで尿酸値は上昇します。尿酸は血液中から腎臓を経て、最後は尿とともに体外へ排泄されます。尿の量が減ると、それだけ尿酸の排泄量が減少してしまい、尿酸値が上昇するわけです。また、尿路結石や腎障害の原因にもなります。
日常生活で十分に水分をとっていれば、尿の量が増えますから、尿の中に溶け出す尿酸の量も多くなり、尿酸値は低下します。また、腎臓内に尿酸がたまるのも防いでくれます。
のどがかわいたときだけでなく、水分をこまめにとる習慣をつけることが大切です。

【 尿の量を1日2Lに増やそう 】

最近は健康ブームもあって、さまざまな健康情報がマスコミを通じて流されており、水分補給についても色々な健康方法が提唱されています。それだけ水分補給の大切さが認識されるようになったのはいいのですが、あまり色々な情報にと惑わされないようにしたいものです。それぞれのライフスタイルに合わせて、「1日に尿量2L」を目安に水を飲む事を心がけましょう。
成人の尿量は1日1.0~1.2Lが標準ですが、尿酸値の高い人はこれを2Lまで増やすと、尿酸を排泄する効果が高まります。


【 ジュール類は糖分の過剰摂取にアルコールは水分補給にならない 】

補給する水分は水のほか、緑茶やウーロン茶、無糖の紅茶など、ノンエネルギーのものがおすすめです。野菜や果物のジュース類は、100%のものでも飲みやすいように糖分などが含まれていますから、飲みすぎには注意しましょう。
誤解しやすいのがアルコールです。ビールを大量に飲むと、いかにも水分を補給しているように思いがちですが、これは大間違いです。アルコールには利用作用がありますから、体に飛鳥奈水分まで排泄されてしまい、尿酸の排泄効果はほとんどありません。焼酎やウイスキーの水割りも同じで、逆に尿酸値上昇にひとやくをかってしまいます。