尿酸とは|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 尿酸は生命活動に伴ってできる細胞の残骸、エネルギーの燃えカス 】

 尿酸とは、「肝臓で合成される窒素化合物の一種」です。簡単にいえば、「古い細胞が分解されてできる残骸」「エネルギーの燃えカス」といったところです。
 人間の体は60兆個の細胞からでいており、それらは日々、古くなって死に新しいものに再生しています。尿酸はそうした生命活動のさいにうまれる「廃棄物」なのです。

【 尿酸はプリン体を原料にした生命活動の老廃物 】

尿酸を説明するのに、どうしても欠かせない物質があります。「プリン体」です。
古い細胞が死に、新しい細胞に生まれ変わるメカニズムを代謝とよびます。細胞のひとつひとつには、DNAやRNAなどという遺伝子の中核をなす「核酸」と呼ばれる物質があります。プリン体はこの核酸の半分を構成する重要な成分で、代謝によって古い細胞が死ぬと核酸が分解され、プリン体が体内に放出されます。その意味では、プリン体は核酸の残骸でもあるのです。
また、筋肉をはじめ、脳や内臓など体中を動かすエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)という物質にもプリン体が含まれています。したがって、エネルギーが燃やされたあとのカスの中にもプリン体が含まれます。
プリン体はこのほか、私たちが日常的に摂取する食品の中にも含まれています。
これらのプリン体は肝臓に集められて処理され、最終的には尿酸になります。こうして尿酸は日々つくられ、尿や便とともに排泄されます。尿酸とは、人間が生命活動を行ったあとにできる老廃物だったわけです。


【 尿酸塩の鋭い針状の結晶などを攻撃して激痛が起こる 】

尿酸の働きはすべてが解明されたわけではありません。本当に何のやくに立たない老廃物なのかは、まだはっきりしていません。
ただ、体内の尿酸が増えすぎると、結晶化しやすくなります。この結晶はハリのように鋭くとがった形をしており、関節はとくに溜まりやすいのです。 この結晶が大量に溜まると、関節の中にこぼれて落ち、炎症を引き起こします。これが激しい痛みを伴う痛風の原因です。