痛風のQ&A|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【高尿酸血症から痛風にならない為には?】

 高尿酸血症も痛風も同じ尿酸値が高くなる状態です。尿酸値が7mg/dlを超えると高尿酸値症とされていますが、痛みなどの症状がないものを、「無症候性高尿酸血症」といいます。その後、関節の激しい痛みなどの自覚症状が現れると痛風といいます。
 また、高尿酸血症になっていることに気づかず、足の親指の関節などに激痛が起こり、あわてて病院で診断をうけてはじめて痛風と診断されることもあります。
 無症候性高尿酸血症から痛風へと病状を悪化させないためには、食事療法と薬物療法によって、尿酸値が上昇しないようにコントロールすることが大切です。
 痛風の発作が起こる尿酸値には個人差があります。もし、あなたが現在治療をうけていなのであれば、早めに病院で診断けましょう。  


【高尿酸血症の自覚症状がないのはなぜ?】

 尿酸値が高くなると病気を高尿酸血症といいます。自覚症状がないものを無症候性高尿酸血症といいます。そして、尿酸値を下げる治療をうけないために尿酸がふえつづけ、関節や臓器、皮下などに尿酸結晶ができて激痛などの発作が起こると痛風と診断されます。
 通常、尿酸は血液中や体液中にとけています。人間の体内には常に約1.2gの尿酸がプールされていますが、痛いとかかゆいなどの違和感はありません。これは、尿酸に私たちの体を刺激する作用がないことによります。
体内にプールされる尿酸の働きについては、まだよくわかっていませんが、抗酸化作用のあるビタミンCが体内でつくれないことから、そのかわりに尿酸をためて活性酸素の働きを抑えています。