痛風改善の理想なメニュー|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 和食を中心にしたメニュー 】

高尿酸血症を予防・改善するには、高たんぱく、高脂肪のメニューを控えできるかぎり「あっさりした」食事を心がけるのが基本です。
そのための方法の中で、あれこれ考えずに簡単に実践できるわかりやすい方法は、和食を中心にした食事に切り替えることです。
最近はボリュームのある肉料理が食卓を飾るようになっていますが、毎日のように肉を食べる必要はありません。生活様式の欧米化だけでなく、私たちはいつの間にか食生活についてもよき日本の伝統を忘れかけているようです。
例えば、焼き魚にほうれん草のおひたし、冷ややっこ、サトイモの煮っころがし、ひじきと大豆の煮物という食事を続けていれば、尿酸値が高くなる心配はまずありません。できるだけ和食中心でいきましょう。


【 塩分のとりすぎに気をつけ、栄養バランスを考える 】

そうはいっても、和食にも欠点があります。もっとも心配なのは、塩分のとりすぎになることです。漬物、塩辛、佃煮など、いずれも日本食の伝統の結晶ともいうべきものですが、食べ過ぎると塩分の過剰摂取につながります。
また、こうした食品からは、ビタミンやカルシウムを十分に補給することはできません。
塩分の強い食品をさけ、同時に肉や乳製品、卵などを適切にとって、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。