尿酸値を下げる運動方法|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 尿酸値を下げる運動の必要性 】

現代人の健康を維持する車の両輪は、食事と運動です。もう聞きあきたという人も多いかもしれませんが、人間が基本的に食べ物を食べて体を維持し、その食べ物を得るために体を動かす存在であり続ける限り、この事実は揺らぐことはありません。
尿酸値の正常化に関しても、この基本はなんら変わるところはありません。尿酸値を正常範囲内にコントロールするためには、日常的に適度な運動が不可欠なのです。
尿酸値を上昇させる大きな原因のひとつに肥満があります。肥満の人は標準体重の人に比べ、多くの場合、尿酸値が高いという検査結果が出ています。肥満すると、腎臓から尿酸が排出されにくくなり、これが尿酸値を上昇させる大きな原因になります。また、痛風やその他の合併症を引き起こす要因になります。反対に、肥満していて尿酸値の高い人が、ダイエットを行って体重を落とすと、尿酸値も下げることが確認されています。


【 高血圧症の予防・解消、血糖値の正常化にも有効 】

日常的に適度な運動を行うと、肥満の解消や尿酸値の低下ばかりではなく、血行の促進、高血圧症の予防・解消、心肺機能の向上、血糖値の正常化、中性脂肪の減少、善玉コレステロールの増加、さらにはストレス解消などの効果も期待できます。
現代人はややもすると車やエスカレーターなどを利用する生活になれてしまい、体を動かすことを怠りがちです。運動を生活の中にとり入れて、心身を常にリフレッシュするように心がけましょう。

【 ウォーキングや水泳など体に負担をかけない有酸素運動 】

尿酸値の高い人は激しい運動をすると尿酸値の上昇を招いてしまいますから、要注意です。おすすめなのは、体に負担をかけずに長時間にわたって酸素を取り込むことができる有酸素運動です。ウォーキングや水泳、サイクリングなどがこれにあたります。1回に30分ほど、できれば毎日、最低でも週に3回は行う習慣をつけましょう。
一方、息を止めて全力を出して行う運動を無酸素運動といいます。重量挙げや短距離走、格闘技などがこれに入ります。無酸素運動は尿酸値を上昇させる危険性がありますので注意が必要です。