尿酸値を下げる運動の注意点|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 運動を楽しく、長く続けるために無理をしないことが大切 】

運動は楽しく、長く続けることが何よりも大切です。なぜなら、長続きのしない運動は意味がありません。運動の苦手な人、飽きっぽい人は仲間を作って一緒に歩いたり、プールに通ったりするなど、励ましあって続ける工夫をしましょう。
運度を続ける上でもっとも注意が必要なのが、けがです。どんなに運動したくても、けががあってはどうにもなりません。
けがの最大の原因は、無理をすることです。若い頃にスポーツで鍛えた人でも、しばらく運動の習慣がない場合は、最初から高い目標を掲げてクリアしようとしないこと。たかがウォーキングと油断してかかると、筋肉やすじを傷つけたりします。


【 ケガを防ぐには準備運動と水分補給 】

ケガを予防するには、運動の前に準備運動、後に整理体操をしっかり行うことです。
そして水分補給です。ウォーキングをすると、夏場はもちろん、はじめる前は涼しさを感じる季節でも、かなり汗をかきます。汗をかけば体内の水分は減少し、尿酸の排泄が妨げられますから、尿酸値の高い人はとくに注意が必要です。