痛風の種類|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 尿酸産生過剰型、尿酸排泄低下型、混合型高尿酸血症 】

高尿酸血症は、体内で作られた尿酸をスムーズに排泄できない為に、血液中に溶けきれないほどの尿酸が関節などに蓄積してしまった状態です。尿酸の産生と排泄のバランスが崩れるパターンには2種類あります。
 一つ目は、体内で産生される尿酸の量が増えすぎるパターンです。尿酸の生産量が多いと排泄が追いつかなくなります。このタイプの高尿酸血症を「尿酸産生過剰型」といいます。
 2つ目は、尿酸の排泄機能に問題が生じる場合です。尿酸の産生量が正常でも、排泄が滞れば尿酸値が上がります。こちらのタイプの高尿酸血症は「尿酸排泄低下型」と呼ばれます。
 高尿酸血症の人の中には、尿酸産生過剰型と尿酸排泄低下型の2つのパターンが同時に起こっている人もいます。このタイプは「混合型」と呼ばれます。

 


【 日本人に多いのは尿酸排泄低下型タイプ 】

3つのタイプの中で日本人にもっとも多いのは尿酸排泄低下型です。全体の約6割を占めるとも言われています。尿酸産生過剰型は約1割、残りの約3割が混合型です。