痛風の発作|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【痛風発作は手足の関節で起こる】

 痛風は、高尿酸血症がある期間続いた結果、関節に蓄積した尿酸結晶が原因で発症する関節の炎症です。
 主な症状は、関節に生じる発作的な激しい痛みと腫れです。ある日突然起こる痛みと腫れの発作を痛風発作といいます。痛風発作の約60~70%は、足の親指の付け根部分で起こります。
 痛風発作が起こった部分は赤くはれ、痛みが酷くてあるくことさえできないことが一定期間続きます。
 発作の部位は、足の親指の付け根以外に、くるぶしの関節やアキレス腱、かかと、足の甲など足首の周辺でも比較的多く見られます。ほかにも、親指以外の足の指の関節、ひざ、ひじ、手の指の関節などで起こることもあります。
 痛風発作は主に手足の関節で起こります。その理由は、四肢は関節内温度が低下しやすいため低温で、尿酸が結晶化しやすいためと言われています。


【発作は夜間に痛みの後に腫れが起こる】

 痛風発作には、起こりやすい時間帯もあります。発作はまず痛みに始まり、その場所が腫れてきます。さらに痛みは増し発作が起こってから約24時間後に痛みのピークを迎えます。その後は少しずつおさまり、7~10日目くらいには、何事もなかったような平穏になります。