痛風の発作原因|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【急激な運動】

 高尿酸血症や痛風は生活習慣病のひとつです。生活習慣病を軽くしたり、予防したりするためには、適度な運動が有効です。この場合、ウォーキングをはじめとした有酸素運動を、無理なく行うことが大切になってきます。
 病気軽快や予防のために運動をする人の中には、運動をした分検査結果が下がると勘違いしている方が沢山います。尿酸コントロールの観点から見ると逆効果になる場合があります。
 スポーツジムでの筋肉強化運動や、テニスやサッカーのように週発力を使う運動は、尿酸の排泄機能を低下させます。激しいスポーツのさいには、ATpが大量に使われ、そのときに出たプリン体から尿酸が産生されます。尿酸値が急激に上昇し、痛風発作の引き金になることは、あまりよくありせん。また急激な運動により、体の水分が奪われます。脱水状態は尿酸値が一時的に急上昇し、痛風発作の危険性が高まります。


【痛風の発作の原因】

 脱水のほかにも、痛風発作を引き起こす原因は沢山あります。大量飲酒・暴飲暴食・プリン体の多い食品のとりすぎ・足を冷やす・きつい靴をはるいての運動・薬などです。