痛風とは|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 激痛を起こすのは70%が足の親指のつけ根 】

痛風とは体内に溜まった尿酸が結晶化して関節などに蓄積し、炎症を引き起こす病気です。ある日突然、激しい痛みが起こるのが特徴です。「痛風」は文字どおり「痛い」病気という意味です。
痛風の痛みが起こる場所は足の親指のつけ根がもっとも多く、全体の約70%を占めます。そのほかの部位でもやはり足が多く、くるぶしや、アキレス腱、親指以外の足の指のつけ根、ひざなどが痛む場合があります。ごく少数ですが、手の指やひじなどに痛みが起こることもあります。
痛みを感じるのは、ほとんどの場合、1ヶ所だけで複数の箇所に痛みを感じるのはごく少数です。


【 痛みは何日も続くが、1週間ほどできれいに消える 】

痛風によって起こる関節部の炎症を医学的には「痛風関節炎」、もしくは「痛風発作」といいます。人によって違いはありますが、痛みは時間を追って激しくなり、発作が起こってから24時間ほどがもっともつらい時間帯になります。その後、数日は我慢の日々が続きます。
患部は赤くはれ上がり、あまりの痛さに歩くことも、靴をはくこともできない状況が続きます。始めた通風の発作を起こした人は「いきなりナタを打ち下ろされた」「骨が引き裂かれた」など通常ではありえない感想を語ります。
しかし、不思議なことに、痛みはそれ以上は続かず、1週間ほどできれいさっぱり消えてしまします。


【 尿酸が溜まって固まりなる「痛風結節」に注意 】

痛風はこれまでみてきたように、激しい痛みを伴うものばかりではありません。その代表的な症例が「痛風結節」です。これは体内で過剰となった尿酸が関節部だけでなく、皮下などに沈着し、固まりとなる状態です。
固まりの大きさや形は様々で、大きなコブのように目立つものもあります。できる場所もまちまちで、手足の関節部やくるぶし、ひじ、耳のふちのほか、腎臓にできることもあります。
痛風結節が起こるということは、尿酸値が長期にわかって高いときですから、痛風が進行していることの現れにほかなりません。痛風結節は骨を破壊することもあるので放っておくと危険です。
また、痛風を放置すると慢性結節性痛風期という状態になることがあります。このような場合には、腎不全から尿毒症に至るという最悪の事態も招きかねません。