痛風の薬物療法|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【日常生活に問題がある人ほど生活習慣を正すと効果が高い】

薬物療法を行うかどうかは、尿酸の値だけで決められるものではありません。7mg/dlを少し超えた段階でも、痛風の発作や痛風結節があれば、薬による治療が必要です。また、尿酸値が8mg/dlを超え、しかも腎臓障害などの合併症がある場合にも、薬物療法を行うのが一般的です。
 尿酸値を下げる作用を持つ薬にはいくつかの種類があり、尿酸下降薬といいます。
 また、高尿酸血症と診断されても、尿酸値が9mg/dl以下であり、しかも痛風発作や痛風結節、合併症が見られないなら、薬を使うことはありません。
 この場合は、まずは生活習慣を見直し、改善できる部分は改善して、尿酸値の変化をみます。初期段階で食生活の改善や運動により自然に尿酸値が下がるケースが多くあります。
 生活習慣の改善による効果が特に得られやすいのは、暴飲暴食をしているとか、毎日のようにお酒を飲む、夜食をとっているなど尿酸値が高くなりやすい生活をしている場合です。
 高尿酸血症に悪い日常生活を送っている人ほど、生活習慣の改善によって尿酸値が下がりやすい傾向にあります。