野菜と海藻でアルカリ性|尿酸値を下げる痛風改善サプリメント徹底比較

【 尿の酸性度が高いと尿酸は排泄されにくい 】

尿酸は尿に溶けて排泄されますが、尿の酸性度が高いと溶けにくく、アルカリ性に近いほど溶けやすい性質があります。尿酸値の高い人は尿の酸性度の高い人が多く、その分だけ尿酸が溶けにくく、尿酸の結晶化を促進させます。高尿酸血症を改善するには、尿の酸性度をできるだけ低く保つことが必要になります。
尿の酸性・アルカリ性を示すPHは通常5.0~7.0といわれます。数値が低いほど酸生度は高く、高いほどアルカリ度が高いことを意味します。PH6.0未満になると酸性尿と判断されます。
高尿酸血症の人の場合は6.0~7.0程度の弱酸性で保つのが最適と考えれます。アルカリ性がいいといっても、実際にはアルカリ性に近い弱酸性というのが正解なところです。


【 肉とアルコールは尿を酸性にし、野菜と海藻はアルカリ性にする 】

尿は、肉類などの脂っぽいものやアルコールを沢山とると酸性度が高くなります。尿をアルカリ性に近づけ、理想の弱酸性に保つにはそうした食品を避けるのと同時に、野菜や海藻を積極的にとることです。
野菜ではにんじんやほうれん草などの緑黄食野菜のほか、大豆やごぼうなど、海藻類では昆布やひじき、わかめなどに高いアルカリ化の効果が認められています。
同時に、効した食品には水分が多く含まれており、尿酸の排泄にも効果があります。水分補給は水を飲む事ばかりではなく、食事からも補うように心がけましょう。


【 肉類や魚介類も適切にとり、野菜や海藻の摂取量を増やす 】

肉や魚介類に尿を酸性化する作用があるといっても、まったく食べないようにすることは出来ませんし、するべきではありません。それらの食品を適量範囲内でしっかりとり、そのうえで野菜や海藻類を意識して沢山食べるようにしましょう。
野菜や海藻はエネルギー量が少なく、ビタミンやミネラル類、食物繊維がきわめて豊富な優良健康食品です。尿をアルカリ性に近づけるだけでなく、その他の健康効果も計りきれないないどあります。